アリスの品評会制作日記、おまけです !

024
台座となるカップは3Dデータで制作 !

このティーカップの制作についてだけでブログの記事20本は書けると思いますが、さすがにユーザーの皆様にとって面白味がないと思うので自重します。
とにかく形状をFIXさせるまで時間がかかってしまいました…。 ('A`)


025
大きさ的に茶碗っぽい感じに…w

仮出力品がポップな緑色というのも相まって、おままごとに使用する茶碗にしか見えないトラップに陥りました…。 しかも手の平へのフィット感がいいんですよこれがwww
外側のRや肉厚を調整して、「脱・茶碗」を図っていきます。


026
スプーンの形状も何度も修正……。

今思うと、「なんでこんなにしつこくやり込んでしまったんだろう…(゚ω゚)」という気もしないでもないですが、やらないで後悔するよりは数倍マシなので良しとします。したいです。


01_e
ところで ! (`・ω・´)
昨日の記事でもお伝えした面相ですが…実は事前にテストショットを行っておりました ! !


デコマスは超絶可愛くできたのですが、これを製造で再現できなければ意味がありません。
そこで、テスト用の為だけにもう1個顔を描き、中国工場へ発送!
軽くチャレンジしていただくことになりました。


6340dc65
そのテストショットがこちら !
1発目でこの再現度、素晴らしい… ! !
!

色や形状などの細かい調整はまだまだ必要ですが、懸念していたグラデーションをキレイに出せるかという部分はバッチリクリア !

1回目でこの精度ですよ…。 正直震えましたね…。 工場マジすごいですわ…。
実は瞳の中の再現はいけると思っていて、一番ネックになるのが「まつげのグラデ」だろうと思っていたのです。
…で、もしイイ感じにならないようであれば、まつげのグラデは消してベタ塗りにしようと思っていたのですが、予想を上回るものが上がってきました。
いやいや本当に素晴らしいです……。

この手の「目の輪郭を描いてその中に別の色が塗ってある」フィギュアというのはいくつかありますが、正直このアリスが一番可愛いと思います。(親バカ)




…という訳で、「アリスの品評会」制作日記はこれにて終了となります!
なかなかお届けできない開発裏、少しでもお楽しみいただけたなら嬉しいです。
そして皆様のお手元に届く商品が良いものになるよう、引き続きがんばります!!

それでは今日はこの辺で。
また明日、元気にお会いいたしましょうっ!! \(・ω・)/


(C) NILITSU