ねんがんの塗装ラインに入りました ! !

005
よっしゃーやるぜー ! ! (`・ω・´)ゞ

…とはいえ、もちろん塗るのは桜ミクさんではありません!(怒られちゃうw)
別の子の成形品と、すでに調色された塗料を使って「練習」…という感じで行います。


020
上が成形品で、下が塗ったものです !

一応、念の為、モザイクです。
成形品というのは、原型を複製したものを元に「型」を取って、その「型」に「PVC」という材料を流し込んでできたもの…です。

超簡単に言うと「型」が「たいやきの鉄板」で、「PVC」が「薄力粉(たいやき)」です。
この「型」で、数千数万のフィギュアの「形」を量産する訳です!


006
まずはベタ塗りからー ! ! (`・ω・´)

うーん、悪くはないですが色ムラが出ちゃってますね…。
塗装は「色が入りにくいところ」から塗るのがコツらしく、それが出来ていないからこんな感じのムラになってしまうのだとか!


009
例えば髪の谷間になっているところなど !

こういう部分から塗っていくと、キレイに色が入りやすいのだそうです。
なるほどなー。 勉強になるなー。 んじゃ早速やってみよう!! (`・ω・´)ゞ


010
うわヤバイ ! ! 吹きすぎたー ! ! (((;゚д゚)))

谷間の部分に色を重ねようとしたら、思いっきり塗料が出てしまい無残な姿に…。
これは私が不器用というのもありますが、比較的得意な塗装でここまでの失敗をするには理由があるのです。

実はデコマス塗装用と量産用のエアブラシでは、空気圧に違いがあるんですって… ! ! Σ(・Д・;)

空気圧が低ければ繊細な指使いで塗料の吹き加減を調節できますが、空気圧が高いと微調整がなかなか難しい!
量産用のエアブラシは、空気圧を若干高めに設定しているそうです。
「え!なんでそんなことするの?低いままでいいじゃん!」…と思いますが、それをしていると個体差が出やすくなりますし、さらに1個辺りにかかる時間が多くなってしまうのです。


そう、量産品はスピードも超大事なのです ! !

こ、これは大変だ…!! (((;゚д゚)))
そういえば中国の工員さんも、ものすごい速さでエアブラシ吹いてたもんな…。


007
先端のクリアを残しつつ吹いてみた !

桜ミクさん風に、髪の毛の先端のクリアが残るような塗装にチャレンジ。
くっそむずかしいwwww
ご覧の通り、変なまだら模様になってしまっています。
これはエアブラシと成形品を離しすぎて吹いてしまっていたり、混ぜるシンナーが足りなかったりすることで起こるみたいです。


008
そして吹きすぎると…こんな結果にw

ぎぎぎ…! これ、モノによってはデコマスの塗装より難しいんじゃないだろうか…?
一定の美しさ、一定の数量、一定のスピードが要求されるって…。

だってデコマス1体を100点とすると、量産品は数千個を70点でキープしなければならないってことですよ… ! ! (((;゚д゚)))

70点というのは、私の感覚的な点数なのでアレですが…。
100点を取るのももちろん大変ですが、平均点以上をずっと取り続けなければいけないっていうのも、かなりハードル高いと思うんですよね…。

すごいよ! フィギュアって本当にすごいよ!! (>_<)


018
一番良く出来た子をいただいてきました !

そこそこキレイなグラデーションになっていて、自分では大満足の出来栄えです!
しかしながら、デコマスにするには技術が足りなさすぎですし、製品にするには時間がかかりすぎ…ですw

この前髪1個だけで、なんと15分かかってます !

1時間で4個…。 量産品という意味では失格です。
ラインに入る為には、もっと技術とスピードを身につけなければなりません。
改めて「プロのお仕事なんだぁ…」ということを実感しました。
皆様の邪魔をしつつやらせていただいた塗装、大変勉強になりました!!

長年の夢を叶えてさせてくれて、ありがとうございましたー ! (´;ω;`)



それでは今日はこの辺で。
明日はおまけの鳥取レポ最終日になりますよー。
また明日、元気にお会いいたしましょうっ! \(・ω・)/